台湾(台北)で食べたいおすすめソウルフードの定番店4選

台湾初心者の方に必ず食べてもらいたい、地元で有名な台湾グルメの定番店を紹介します。

スポンサーリンク

阿宗麺線 / 麺線

台湾の代表的ソウルフード、麺線の有名店です。場所は西門の繁華街の中にあります。1975年創業から変わらない味が楽しめ、夕方には地元の若者で行列が出来ます。メニューは大60元、小50元の2種類で、大でもそんなに量は多くありません。注文するとすぐにカップを渡され、お店の前で立って食べます。自由に盛れるパクチーやスパイスソースがあるので、お好みで入れて食べましょう。パクチーを大盛にするのがオススメです。

  • 時間 10:00~23:00
  • 場所 台北市峨嵋街8号之1(地図

福州元祖胡椒餅 / 胡椒餅

胡椒餅は屋台でも売っていますが、ここが元祖の有名店です。肉汁たっぷり、スパイシーな揚げ肉まんは病みつきになる美味しさです。1個45元。注文すると番号札をもらい、日本語で15分から30分後に取りに来るように言われます。すぐそばに龍山寺があるので、注文してから観光して取りに来るのが定番コース。龍山寺も狭いのでちょうどいいです。問題はお店の場所が非常にわかりにくいこと。あらかじめ調べて行っても迷いました。龍山寺を背に大通りに向かって広場がありますが、龍山寺から広場の左側の道を大通りに向かって歩き、大通りに出る直前の路地を左に曲がります。

  • 時間 9:30~19:00
  • 場所 台北市萬華區和平西路三段89巷2弄5號(地図

鬍鬚張 / 魯肉飯(ルーローハン)

ひげちょうと言えば、台湾では誰でも知ってるルーローハンのチェーン店。日本で言う吉野家みたいなお店です。以前は東京にもありましたが今は閉店し、なぜか石川県に数店舗残っています。日本の中華店で食べるルーローハンとはぜんぜん違う本場の味は、甘く煮込まれた豚バラ肉がご飯にあってほんとに美味しいです。お店は台湾全土にあり日本語のホームページもあるので、行きやすい店舗をあらかじめ確認しておきましょう。桃園国際空港のフードコートにもあります。

鼎泰豊 / 小籠包

最後は鼎泰豊の小籠包です。1993年米ニューヨークタイムズ紙の「世界の10大レストラン」に選ばれ有名となり、日本や世界中に支店がある言わずと知れた小籠包の名店・・イヤイヤ、ここはソールフードじゃなく高級店でしょ!しかも予約不可の行列店だぜ!とツッコミが入りそうですが、その高級店の味を気軽に楽しむ方法があるんです。台北101のB1にある鼎泰豊では、出来たての小籠包をテイクアウトし、そのまま目の前のフードコートで食べることができます。お店で食べるよりもリーズナブル、行列に並ぶ必要もありません。(出来上がりまで20分くらいは待ちます)味は・・もちろん美味しいです。

  • 時間 11:00~9:30(金,土,休日前は22:00)
  • 場所 台湾台北市市府路45號 B1(地図

その他

度小月 / 擔仔麺

度小月の擔仔麺は、エビの頭でダシをとったラーメンです。台湾料理の定番で、度小月はとても有名なのですが、エビが嫌いで食べたことありません・・エビが好きな方はぜひ食べてみて下さい。桃園国際空港にもお店があります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です