コインランドリーデポで羽毛布団を丸洗い

コインランドリーで布団を丸洗いすれば、安くて簡単に清潔でフカフカのお布団になります。しかし、業界大手のコインランドリーデポのホームページを見てもやり方がわかりにくいので、洗いたかった羽毛の掛布団で実際にやってみました。

スポンサーリンク

わかりにくい点

今回洗いたいのは、シングルサイズの羽毛掛布団です。ベッドなので敷布団はありません。ここがわかりにくい点で、コインランドリーデポのホームページで、お布団丸洗いの注意点は、ほとんどが敷布団のことで羽毛掛布団は関係ありません。

店舗の選び方

まず、近所の店舗をコインランドリーデポのホームページで探します。店舗検索で「お布団丸洗い」のチェックボックスがありますが、これは敷布団用の洗濯機のことで、羽毛布団には関係ありません。(最初、近所のデポでお布団丸洗いができないのかとガッカリしましたが大丈夫でした)

店舗に持っていくもの

洗うものだけです。洗剤等は洗濯が始まると自動投入されます。

洗濯機を選ぶ

洗濯機と乾燥機は別になっています。(洗濯乾燥機がある店舗もあります)洗濯機の上に羽毛布団の枚数と洗濯機の容量が書いてあるので、それを参考に選びます。下記が洗濯機の容量と洗濯できる羽毛布団の枚数、金額です。ダブルは2枚分で考えれば大丈夫です。

  • 13kg シングル羽毛布団1枚 500円
  • 18kg シングル羽毛布団2枚 700円
  • 27kg シングル羽毛布団3枚 1000円

洗濯する

洗濯機に羽毛布団を入れます。この時にシングルサイズなら縦に二つ折り、ダブルサイズなら縦に四つ折りにして、くるくる巻いて入れます。

洗濯機の洗濯コースは、敷布団が洗える洗濯機には「ふとん」コースがありますがこれも使いません。「一般」の「毛布」コースを選びます。あとはお金を入れてスタートするだけです。洗剤が自動投入され、洗濯が始まります。だいたい30分で完了です。

乾燥機を選ぶ

乾燥機の上に羽毛布団の可否と乾燥機の容量が書いてあるので、それを参考に選びます。下記が乾燥機の容量と羽毛布団の可否、100円で乾燥できる時間です。詳しい記載はありませんが、洗濯機よりも容量が大きい乾燥機を選ぶようです。

  • 14kg 羽毛布団不可 12分/100円
  • 23kg 羽毛布団可 10分/100円
  • 34kg 羽毛布団可 7分/100円

乾燥する

洗濯機と同様、布団をくるくる巻いて入れます。コースは高温です。羽毛布団の乾燥時間は40分~となっているので必要なお金を入れてスタートします。ちなみに40分では乾かなかったので、20分追加しました。このあたりは布団の素材によるのかもしれません。

仕上がり

洗濯と乾燥をあわせて1時間30分くらい。1,000円ちょっとでフカフカの布団になりました。(ダニも死んでくれたかな?)他にもベッドマットや毛布も一緒に洗いましたが、問題なかったです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です