ニノイ・アキノ国際空港のトランジット時間を使ってマニラ観光

フィリピンのニノイ・アキノ国際空港でトランジットが18時間もあったので、空港を出てマニラ観光をしました。市街地までは、電車とバスで移動します。

スポンサーリンク

まずは仮眠!

ニノイ・アキノ国際空港のターミナル3に着いたのは夜中の1:30。ホテルを予約してなかったので空港で寝ることにします。でも、ニノイ・アキノ国際空港は、世界ワースト空港を3年連続で受賞したことで有名。空港でも治安が悪いらしい。ドゥテルテ大統領の国だしなー。到着ロビーに出ると危なそうなので、その前で寝れそうなとこを探します。唯一寝れそうなのが、荷物の受け取り所にあった長椅子です。ここで、朝7:00頃まで寝てました。

朝食

朝になったので、到着ロビーに出て活動開始です。出てみるとお店もあって普通の空港です。昨日はビビり過ぎだったかな?セブンイレブンなんかもあります。

とりあえず、写真の真ん中にあるフィリピン料理のお店に入ります。食べたのはPork adoboと言うフィリピンではメジャーな料理です。豚肉とじゃがいもが甘辛く煮てあり、日本人にあうと思います。美味しかったです。130phpです。

マニラ市街地までバスと電車で移動

マニラの観光地は国立公園近くに集まっているので、効率よく観光できます。空港からタクシーで40分ぐらいですが、せっかくなので、バスや電車を使って移動してみます。グーグルマップで調べると、

こんな感じです。まずバスでKabayan Hotelに向かいます。バス停やタクシー乗り場は、到着ロビーを降りた道の反対側に並んでいます。

バス停やバスを見ても行き先はわからないので、「カバヤンホテル行きますか?」と聞いてまわります。実際のバス停は空港から見て右手のP2Pと言うバス停です。

さっそくバスに乗り込みます。運転本数は20分に1本ぐらいです。

さすがに地元の人しかいません。バスに乗ってしばらくすると車掌さんに行き先を聞かれてお金を払います。150phpでした。降りるときはバス停が無いので、近くになったら「ストップ」と言って止めます。グーグルマップをずっと見てれば大丈夫です。自分は予め運転手さんに行き先を伝えて、降りる時に教えてもらいました。無事にカバヤンホテルに着きました。

ここから電車でUnited Nationに向かいます。写真奥の方へ少し歩いて、右に曲がると電車の駅があります。

高架上が駅です。駅の入口で手荷物検査があります。電車の切符は窓口で購入します。「ユナイテッドネーション」と言えば切符をくれます。200phpでした。電車に乗って、United Nation駅で降ります。

観光

ここから観光スタートです。見る場所が集中しているとは言え全部歩くと1時間以上かかりそうなので、自転車タクシーに乗って案内してもらいます。1000phpでした。

国立公園

サンディエゴ要塞

サン・オーガスティン教会

マニラ大聖堂

サンチャゴ要塞

昼食

観光が終わって1:00くらいになったので、昼食にします。昼食は行ってみたかったフィリピン料理のチェーン店Max’s Restaurantに行きます。グーグルマップで検索すると近くにあるので歩いて行きます。

日本で言うファミレスの雰囲気ですね。頼んだのはChicken Sisigとマンゴージュースです。Chicken Sisigもフィリピン料理の定番です。鶏肉がナッツみたいなソースに絡めてあります。目玉焼きと混ぜて食べると美味しいです。青唐辛子は辛いです。Chicken Sisigが169php、マンゴージュースが49phpです。

帰り

帰りの空港まではタクシーに乗りました。ちゃんとメーターを回してくれる良い運転手さんです。40分ぐらいで空港に着きました。メーターが244.5だったのですが、300php払いました。よく考えると、行きのバスと電車代よりも安くて早いです。空港に入ろうとしたら手荷物検査で長蛇の列ができていました。早めに空港に戻って良かったです。

まとめ

数時間あれば、トランジットの時間だけでも充分マニラ観光を楽しめます。空港で両替したら、今回の観光で使用したお金はピッタリ5000円でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です