MERRELL ベイパー グローブ 6をレビュー!最高の履き心地のベアフットシューズだった

MERRELL VAPOR GLOVE 6(メレル ベイパー グローブ 6)を購入したのでレビューします。

スポンサーリンク

MERRELLとは

MERRELL(メレル)は1981年創業のアメリカのアウトドアシューズメーカーです。1998年に販売したジャングルモックは特に有名です。日本では丸紅フットウェアが販売しています。2011年からVibram社と共同開発したベアフットシューズを販売しており、ベアフットシューズの草分け的な会社です。

ベイパーグローブ6

ベイパーグローブ6はMERRELLが販売するベアフットシューズです。踵とつま先の段差が無いゼロドロップで、裸足のような足本来の歩き方、走り方をサポートするトレランシューズです。他社のビボベアフットシューズよりも安価なところも良いです。

created by Rinker
MERRELL(メレル)
¥10,333 (2024/04/18 07:52:24時点 Amazon調べ-詳細)

サイズ感

本家アメリカのMERRELLのベイパーグローブのサイトには次のような記述があります。

This item runs small,we recommend ordering 1/2 size up(この商品は小さめなので、1/2サイズ上を注文することをお勧めします)

自分も普段よりひとつ上のサイズでちょうどでした。但し、ワイズ表記は2Eで、甲周りはゆとりがあります。甲高の日本人にも合うと思います。

とにかく軽い

片足の重さは、たった168gしかありません。自分がこれまで履いた靴の中で最軽量です。まったく重さを感じないので、靴が重たくて疲れることはありません。また、旅行で鞄に入れても気にならない重さです。

何にでも使えるミニマリストシューズ

普段履きから、トレイル、ランニング、ジムまで幅広く使えます。軽いので海外旅行にもぴったり。ソールまで黒色なので、自分はスーツにあわせて会社でも履いてます。軽量シンプルで、どんな時も履けるミニマリストの靴です。

足の指が自由に動く

靴の先が広めに作られているので、足の指が自由に動きます。ビボベアフットやビルケンシュトックと比べても、ほぼ、どれも同じ足形で、つま先が広い靴になっています。(写真だとわかりにくいですが、この3足は、中敷きを入れ替えてもピッタリです)アッパーがビボベアフットよりも柔らかいので、足の指は横だけでなく縦にも動きます。どの靴よりもリラックスした履き心地です。

裸足感覚が気持ちいい

ビボベアフットよりもさらにソールが薄いです。最初履いた時はかかとが痛くなりましたが、すぐに慣れました。ベアフットシューズが推奨する足裏を使った歩行ができるようになります。地面を足裏で感じることができ、歩くのが楽しいです。特に土の上を歩くと気持ちいいです。

雨でも大丈夫

雨の日も履いていますが、普通のスニーカー並みの防水はあります。見た目より雨に強いです。アッパーに穴が空いてるように見えますが、中に違う素材の膜があるので直接水が入ってくることはありません。また、ソールが低い部分には防水加工がされていて、少しの水溜まりなら浸水しませんでした。もちろん、防水では無いので水に浸かれば濡れますが、防水の靴は乾きにくいので、どうせ濡れることがあるローカットシューズなら、乾きやすい非防水がおすすめです。

ビブラムソールでトレイルも安心

Vibram社とベアフットシューズを共同開発していたこともあり、靴底にはビブラムソールが使われています。トレランシューズとして販売されているので、オフロードでのグリップ力も充分です。

トレイルグローブ7のと違い

MERRELLが販売するベアフットシューズは、トレイルグローブ7とベイパーグローブ6があります。トレイルグローブ7が8mmミッドソールが入っているのに対し、ベイパーグローブ6はミッドソールが無く、より地面の感覚が直に足に伝わります。両方履いてみましたが、全く別の靴です。裸足感覚を求めるならベイパーグローブ6がおすすめです。

まとめ

軽量で、普段履きからトレイルまで使え、履き心地が良く、自分にとっては理想的な靴です。長く大切に履いていきたいと思います。

created by Rinker
MERRELL(メレル)
¥10,333 (2024/04/18 07:52:24時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です