日本最初の珈琲店、神戸の放香堂に行ってみた

神戸の元町商店街に日本初の珈琲店があるので、コーヒーを飲みに行ってみました。

スポンサーリンク

香堂とは

放香堂のはじまりは、京都のお茶農家です。神戸港が開港した6年後の1874年にお茶を輸出するために神戸にお店を開きました。その後、お茶の輸出とあわせて、1878年にインドからコーヒー豆を輸入して販売したのが日本のコーヒー販売のはじまりです。

1978年の読売新聞にコーヒーの販売と飲食の広告を掲載したそうです。

石臼で挽くコーヒー

明治時代に石臼で挽いていたコーヒーを復刻して提供しています。

毎日、石臼で豆を挽いているそうです。

その他のメニュー

コーヒーはいろいろありました。

でも、何よりカレーが美味しかった。カレーとコーヒーのセットもあるけど、その場合はコーヒーの種類が選べないのが残念です。

併設のお茶屋さん

隣のお茶屋さんも現役です。

特におすすめなのが、写真のグリーンティー!粉末のお茶に砂糖が入っていて、水に溶かして飲みます。抹茶オレよりもさっぱりしてるけど、お茶よりも満足感がある味です。お土産に買ってしまいました。

お店の概要

お店の公式ページ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。