相模自動車検査登録事務所でユーザー車検をする方法

相模自動車検査登録事務所でユーザー車検をする方法です。ユーザー車検とは、自分で自動車検査登録事務所に車を持ち込んで継続検査(車検)を行うことで、ディラーや代行業者に頼むよりも費用を抑えることができます。

スポンサーリンク

ユーザー車検は簡単

手続きや検査の方法は、自動車検査登録事務所で丁寧に教えてくれます。ユーザー車検の専用窓口もあります。車に詳しくなくても大丈夫、とっても簡単です。

ただ、2年に1度の事なので、自分でも忘れないように記録しておきます。

相模自動車検査登録事務所の概要

住所愛甲郡愛川町大字中津字桜台7181
受付8:45~11:45、12:45~15:45
休み土日祝

相模自動車検査登録事務所公式ホームページ

事前の準備

車の点検整備

車検を通すためには、事前に車を点検整備し、定期点検記録簿の記載が必要です。自分は面倒くさい(できない)ので、ディラーにお願いしました。49000円でした。

予約

車検の日時をインターネットで予約することが出来ます。自分は一度も予約して行ったことはありませんが、時期によっては混雑するらしいです。

自動車検査インターネット予約システム
(国土交通省)

持ち物

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証
  • 定期点検記録簿
  • 自動車税納税証明書
  • 車検費用(現金です。金額は下記参照)

ちなみに、印鑑は不要です。

費用

必要な費用は、検査手数料、自動車重量税、自賠責保険料の3つです。

検査手数料小型自動車1700円
その他1800円
自動車重量税自動車重量税の税額表
(三井ダイレクト損保)
自賠責保険料自賠責保険 保険料例
(損保ジャパン日本興亜)

自分の場合は、検査手数料1800円、自動車重量税24600円、自賠責保険料25830円、合計52230円でした。

車検当日の手順

①A館の5番窓口(ユーザー車検受付窓口)に行き、用紙を3枚貰います。

②記入例を見ながら、用紙に必要事項を記入します。(住所は、住民票の住所や現住所ではなく、車検証の住所を書きます)

③D館に行って、印紙を購入して用紙に貼り、自賠責保険に加入します。

④もう一度、A館の5番窓口に行き、用紙と車検証、自賠責保険証、定期点検記録簿、自動車納税証明書を持って、検査の受付をします。

⑤車に乗って検査場に行き、検査を受けます。(指示された通りにブレーキやアクセル、ライトを操作すれば大丈夫です)

⑥A館の4番窓口(5番窓口の隣)に行き、新しい車検証を貰って終了です。

午前中でしたが、1時間ぐらいで終わりました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です