伊豆大島のトウシキキャンプ場で、はじめての離島キャンプに行ってみた(船の様子や周辺のお店・温泉など)

東京から一番近い離島のキャンプ場である伊豆大島のトウシキキャンプ場に行ってみました。

スポンサーリンク

トウシキキャンプ場について

トウシキキャンプ場(野営場)
04992-2-1446
https://goo.gl/maps/dAic7d7WeSUUm4cD6

トウシキキャンプ場は、伊豆大島にある東京都が管理する無人のキャンプ場です。無人と言っても、トイレ、水道、ゴミ捨て場など管理はきちんとされています。

キャンプ場の予約方法

無人のキャンプ場ですが、あらかじめトウシキキャンプ場の公式ページから大島町役場観光課に電話して予約する必要があります。区画も決まっているので、ゴールデンウィークなどは予約でいっぱいになることもあります。チェックイン、チェックアウトの時間は無いみたいで、予約した1日いっぱい使えるそうです。

大島への行き方と東京汽船のさるびあ丸

大島へ渡る方法は、調布から新中央航空の飛行機で行くか、東京・横浜・熱海から汽船の船で行きます。時間も変わらないし、ほとんどの人は価格の安い船で行くと思います。自分は22:00東京発の大型客船さるびあ丸で行きました。夜行なので、大島に着くのは翌朝6:00です。予約は事前に汽船のホームページで行いました。乗場はゆりかもめの竹芝駅の前です。出航の1時間前に着くようにします。

さるびあ丸は竣工したばかりの船でとても綺麗です。部屋は下から2番目の特2等を選びましたが、半個室のようになっているので、プライバシーも保たれ快適です。

出航してからすぐにレインボーブリッジを下を通りますが、見学の人でデッキは一杯になっていました。東京の夜景が綺麗です。船内にはレストランもあって22:00〜23:30まで営業しています。きつねうどん700円とポテトフライ500円を食べました。

船の船内放送で、23:30に消灯、翌朝5:30に起床の案内があります。さるびあ丸は船旅を満喫できます。楽しい思い出になると思います。おすすめです。ただ、1点注意点があります。大島には元町港と岡田港の2ヶ所に港があって、当日にならないとどちらの港に到着(出発)するかわかりません。2つの港は離れているため、どちらの港でも大丈夫なように旅の計画を立てておく必要があります。ちなみに今回は時間通りに岡田港に着きました。

朝6:00の岡田港は、レンタカー店以外、お店はやってないです。島内の移動はレンタカーかタクシー、路線バスになります。路線バスの時刻表は、大島バスのホームページで確認できます。その他、早朝の船にあわせて、臨時バスもあります。ちなみにSuicaは使えません。現金のみです。

温泉と三原山トレッキング

岡田港から臨時バスに乗って、大島温泉ホテルに向かいます。6:30には着きました。

ホテルには宿泊はしないで、温泉とお昼のお弁当がついた「三原山・裏砂漠トレッキングプラン」を予約していました。少し休んで、ホテルに荷物を預けたら、8:48発のバスで三原山頂口に向かいます。バスを降りて、三原山に登りました。

頂上の火口は絶景です。ホテルでもらったお弁当を食べて、ホテルまで歩いて帰ってきました。ゆっくり歩いたので、だいたい3時間半ぐらいかかりました。戻ったらホテルの温泉に入りました。温泉は露天風呂で景色は良いですが、建物は少し古いなって感じです。トイレはキャンプ場の方が綺麗なぐらいです。ただ、大島の温泉を周ってる人に聞いたら、このホテルの温泉が一番良いって言ってました。その後、14:38発の元町港行きのバスに乗りました。

トウシキキャンプ場の行き方

元町港は、駅前って感じで、お土産屋さんや飲食店などが並んでいます。

トウシキキャンプ場には、元町港から陸上競技場行きのバスに乗ります。大島バスに乗って、海洋国際高校前で降りたら、元町港の方に少し戻るように歩くと左手に小さなキャンプ場の看板があります。そこを左折するとすぐキャンプ場です。googleマップだと遠回りの道を案内されるので注意です。

トウシキキャンプ場の設備

トウシキキャンプ場は芝生が綺麗なキャンプ場です。ペグも簡単に入ります。区画は、番号札が立っているだけで、大まかに区切られています。広くて開放感があります。

暴風柵の先は海が広がっています。崖で泳ぐことはできません。

建物は、右からトイレ、炊事場、ゴミ捨て場です。奥には釜戸や屋根付きの休憩所もあります。手前は駐車場になります。

トイレは最近建て替えたのか、とても綺麗でした。ウォシュレットではありません。

炊事場は普通です。お湯は出ません。

ゴミは分別すれば捨てることができます。プラスチックは燃えるゴミでオッケーでした。

周辺のお店

キャンプ場から10分ほど歩くと小さい街があります。下記の3店舗はほぼ同じ場所にあります。コンビニは大島には無かったです。

マルエーマート

マルエーマート
04992-4-1635
https://goo.gl/maps/Cc5xmqzuXrykLnCt9

スーパーマーケットです。入口は小さくてわかりにくいですが、中は広いです。

肉、野菜から調味料、お菓子など、大抵の物は売っています。

cafeメルシー

cafeメルシー
https://goo.gl/maps/4ZNSyyGHofwtotww5

看板にカフェと書いてありますが、24時間営業の自動販売機です。

ジュースの他、惣菜パンやカップラーメン、お菓子等も売っています。いざという時便利です。

大関寿司

大関寿司
04992-4-0372
https://goo.gl/maps/32XCdMbNwmhJURno9

大島の名産と言えば、べっこう寿司です。トウシキキャンプ場の近くでべっこう寿司を食べるなら、大関寿司です。

自分はテイクアウトにして、キャンプ場で食べました。上寿司にべっこう寿司を2個付けて、2,410円でした。

帰りの船

帰りは、元町港から高速船に乗って熱海に出ました。熱海の駅前でブラブラして帰りました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です